>

無駄な医療費は払わない為の対策

一番の手間は「確定申告」くらいです

医療費を免除してもらうには、確定申告が必要となります。
個人事業をされている方なら年末にある確定申告の手続きは経験されているでしょう。
医療費免除申請も同時にできます。
会社員の方は年末調整がありますが、この場合医療費免除は一緒にはできません。
個人で別に確定申告が必要になるのです。
確定申告するには、確定申告書が必要になってきます。
税務署のホームページから簡単にプリントアウトできますので、簡単に手に入ります。
後は方法として、国税庁のホームページに「確定申告書等作成コーナー」のホームページに「確定申告書等作成コーナー」というものもあり、必要事項を入力するだけで勝手に作ってくれるサービスもあるようです。
家にコピー機が無くても、コンビニで十分です。
あまり難しく考える必要はありません。

医療費免除申請の流れ

確定申告書の申請も大事ですが、まずは、証拠集めに取り掛かりましょう。
医療でここまでかかりましたと言う証拠になるもの「領収書」です。
基本的には合計金額が10万円を超えていれば医療費控除を受けられるでしょう。
「領収書はいりません」と言う方もよくいますが、こういう時に必要になってきます。
ただ、とっておくのが面倒だからと言って、何枚かの領収書を一枚の紙に載せてコピーしたりしてはいけません。
後必要な書類は源泉徴収の紙です。
その際に確認しておきたいのは、年間所得が200万円未満の方です。その5%が還付されることになっています。
あとは還付金が振り込まれるための通帳、印鑑を持っていけば確実です。
確定申告書、領収書、源泉徴収、通帳、印鑑があれば、間違いないでしょう。


この記事をシェアする