沢山あります、リサイクル処分の下調べ

下調べは本当に重要です

不用品、どんなものですか

不用品の種類によって、依頼する先も変わってきます。
あなたが処分したい不用品はどんなものですか?
リサイクル品を「リサイクルできるか」の判断は、素人ではしにくいものもあります。
特に家電は、その中身がどうなっているのかわかりませんし、分解することもできませんから、判断は難しいですよね。
プロに任せたいところですが、リサイクル業者によっても、取り扱うものに得意不得意があるようです。
まずは処分したいものを決めて、状態を確認しましょう。
処分したい品物を下調べすることになります。
具体的には、状態が良いこと、見た目もきれいなことなどが確認事項になります。
ちょっとした汚れであれば、拭き掃除やほこりを払っておくなど、お手入れをしておきましょう。

処分してもらう先を選ぶ

処分品が決まったら、次はリサイクル業者を決めます。
そこにも下調べの必要が出てきますね。
まずは、近くのリサイクルショップや業者を探します。
よく見かける、不用品処分のチラシも取っておくと良いですね。
他にも、今ではインターネットで業者を探す方法があります。
多少遠くても取りに来てくれたり、サービスが良ければ候補にしたいところですから、ネットで探せることはかなりの利点になるのではないでしょうか。
いくつかの先から、実際に見積もりをお願いする業者を選んでいきます。
料金体系やサービス内容を確認して、自分のニーズと合うところを絞り込みましょう。
最近は品物に限らず、トラックや入れ物に積み放題なんてサービスもあります。
どの形がいいのか、しっかりと比較検討したいところです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ